面会交流の支援を希望されるお父さん お母さんへ

 

       離婚や別居している父母で、信頼できる第三者がいないため子供との面会が実現できていない方々を、

  面会交流の支援に経験豊富なボランテイアが支援します

  ----- 子供と別居親との面会ルールについて父母の合意がない場合は、裁判所の調停が必要です -----

 

★基本方針    当法人では、子供とはなれた親が定期的に面会して親子の時間を過ごし(面会交流)、

        両親の愛情を確認することが、健全な子供の人格形成に役立ち、子の最善の福祉につな

        がると考えています。支援を受けながら、第三者機関の仲立ちなしでも当事者だけで

        子供と面会交流できることを目指してまいります

 

★こどものおうちを利用する場合の面会交流ルール作成の指針     

  面会交流のルール(調停調書等)を決めるときは次の合意が必要です。

① 面会交流の回数 

    面会交流の回数、頻度を決めてきてください。

    ただし月1回が限度です。

② 第三者機関の支援を受けること

    ただし援助できないケースもありますのでこどものおうちに限定することは避けてください。

③ 支援担当者の指示に従うこと

    面会交流について日程調整を含め支援者の指示に従う。

④ 面会に要する費用負担割合を決めてください

    ただし面会時に発生する実費は原則面会する親の負担とする

 

★ 支援対象者  
 原則として
           ○ 2歳~小学生の子供との面会を希望する父母
           ○ 埼玉県北部地区での面会を希望する父母

     ○ 面会交流のルールが判決文、審判書、調停調書等で合意できている父母

           ○ 次の点に関する合意書を提出できる父母(事前相談が必要です)

                   1. 父母双方が子供との面会を希望し協力すること
                   2. 子供の連れ去り、暴力の恐れがないこと
                   3. 面会交流については、支援者の指示に従うこと

       4. 面会交流の実費を負担できる
            ※合意書に反することがあれば、途中でも支援を打ち切ります


★ 支援の流れ

《事前相談》
 申込親との相談   面会交流について、判決文、審判書、調停調書等を基にルールを確認します
          ○ 支援対象者であることを確認します
          ○ 面会交流のルールを説明します
                     ( 双方の親の協力がなければ支援は出来ません)
          ○ 支援を受けることの再確認ができたら合意書を提出していただきます
 
  相手親との相談  申込親の意見と調整します
          ○ 申込親の意見と大幅に異なり調整が不可能であれば、申込親と相手親に、裁判所で調整(再調停等)

              してもらうよう伝え終了します
          ○ 申込親の意見との合意ができれば、合意書を提出していただきます

 

《面会交流支援》 
  面会実施に向けた事前準備  
         ○ 同居親から、面会候補日時の提示してもらい、調整します

        年末年始(12/29~1/4)、お盆(8/13~8/16)はお休みです
         ○ 面会場所・時間
               第一回   支援者が指定する場所にて面会時間1時間
               第二回以降 場所(熊谷市内)・時間(3時間以内)は前回面会状況に応じて決定します
  面会当日   
         ○ 父母は支援者と緊密に連絡をとるよう注意します
         ○ 子供の体調には最大限の配慮をし、無理強いは絶対に避けてください
         ○ 子供の受け渡し場所
                      同居親は、面会場所に15分前に子供を連れてきてください
                     子供が自然に面会に行こうという気になるまで、同居親が付添ってください
                     子供が面会する気持になったら、支援者が面会親まで誘導いたします
                     子供、面会親、支援者で面会時間を過ごします

      (引渡し支援の場合、支援者は同席いたしません)
        ○ 終了
                    支援者より面会親に終了の時間を告げます
                    面会親が完全に立ち去ってから、子供を同居親まで誘導し、引き渡します

★ 費用(実費)
                  ・事前相談料    一人1回90分まで    6,000円

                  ・申込金(初回)1件             8,000円

                     ・更新料(1年毎)1件

        1・2回目                                8,000円
                       3回目以降                  10,000円

     ・面会交流付添型支援料   1回    3時間まで     12,000円

            (面会する子供が一人増す毎に2,000円加算)
                     ・面会交流受渡型支援料   1回    4時間まで      8,000円

            (スタッフ2名の場合は12,000円)

           ※ 付添型支援からの移行に限る。

 

   ※ 更新以前に支援の中止、打ち切りとなった場合でも、申込金、更新料は返還いたしません。

     面会交流開始時刻の3時間前まで連絡がなくキャンセルした場合は、キャンセルした親より

     全額支援料をいただきます。

 

最終更新20180623